尿の健康WEB
お問い合わせリンク尿の健康WEB

尿失禁

尿を漏らしてしまう尿失禁は、子供だけでなく大人にも見られることがあります。尿失禁には病気などを原因として起こる場合があり、一概に「トイレを我慢できなかった」と言う理由で片付けることが出来ないのです。ここでは、尿失禁の原因や尿失禁の種類、治療法などについて解説していきます。

尿失禁を知る

尿失禁は、自分の意思とは関係なく排尿を起こしてしまう症状です。「尿漏れ」ともいい、お年寄りや女性にたびたび見られることがあります。

症状

尿失禁の症状は、「トイレ以外の場所で排尿が起こる」ことです。尿失禁には尿意が伴わない場合があるため、自分の意思でコントロールできない排尿であると言えます。尿失禁を経験すると、「また漏らしてしまうのではないか」という不安が強くなり、外に出かけられなくなるという弊害を伴うことがあります。

原因と種類

尿失禁を起こす原因には、身体の構造や病気などがあります。

真性尿失禁

真性尿失禁は、腎臓と膀胱を繋ぐ尿管に先天的な奇形がある「尿管異所開口」などで本来の尿路を通らないで尿が漏れるために起こる尿失禁です。尿管が膀胱から尿道に直接繋がっているなどのケースがあります。

仮性尿失禁

仮性尿失禁は、真性尿失禁のような尿路の奇形などがない場合に起こる尿失禁で、いくつかの種類に分けられます。

腹圧性尿失禁

腹圧性尿失禁は、女性に多く見られる尿漏れで「くしゃみをした拍子に漏れる」「重い物を持ち上げた拍子に漏れる」などの、腹圧が掛かることで発生します。腹圧性尿失禁が女性に多いのは、尿道を閉める括約筋が男性よりも弱いことなどが理由となっています。

切迫性尿失禁

切迫性尿失禁は、急に尿意が起こりトイレに行くまでに我慢できなくなり漏らしてしまう尿失禁です。切迫性尿失禁は高齢者に多く見られ、頻尿を伴います。原因としてはパーキンソン病などの神経障害を伴う病気が考えられます。

溢流性尿失禁

溢流性尿失禁は、膀胱が尿を蓄積する機能が低下することで起こる尿失禁です。ダムの決壊のように一気に溢れ出る性質を持っていて、膀胱が圧迫されることによって起こります。原因としては、前立腺肥大などの前立腺の病気や糖尿病があり、男性に多く見られる尿失禁の一つです。

機能性尿失禁

機能性尿失禁は、運動機能障害や認知症などが原因で起こる尿失禁です。「尿意を感じたけどトイレに間に合わない」「排尿をしていいのか判らない」などの理由で起こるもので、小児のお漏らしなどに近い性質を持っています。

尿失禁の治療法

尿失禁の治療は、種類によって大きく異なってきます。共通する対症療法としては「尿漏れパッドの装着」が考えられますが、患者の年齢によっては忌避されることがある方法と言えます。基本的に、他の病気が原因となって尿失禁が起こっている場合は原因となっている病気の治療を行ったうえで尿失禁の治療を行います。

真性尿失禁の治療

真性尿失禁の場合、尿路外経路を塞いで本来の尿路だけにする外科手術が治療法になります。

腹圧性尿失禁の治療

腹圧性尿失禁は、尿道を閉めて排尿をコントロールする括約筋を鍛えるための骨盤体操や尿道付近にコラーゲンを注入するなどの治療で大きく改善されます。

切迫性尿失禁の治療

切迫性尿失禁には、膀胱を弛緩させて尿の蓄積量をアップさせる効果を狙って抗コリン剤の投与や、体操による膀胱トレーニングが有効です。

溢流性尿失禁の治療

前立腺の病気が原因で溢流性尿失禁を起こしている場合、前立腺の治療で症状は改善されます。それ以外の場合は、カテーテルと言う柔らかい管を尿道に通して排尿を行う「自己導尿」を患者自身が行うようにします。

機能性尿失禁の治療

機能性尿失禁の場合、患者に非はないものとして治療を行っていく必要があります。排尿の時間を決めて付添い人がトイレに連れて行くなどの対処が最善です。

尿
<a href="http://e-nyo.com/" target="_blank"><img src="http://e-nyo.com/img/banner.gif" alt="尿" width="88" height="31" border="0"></a>

尿の健康WEB

<a href="http://e-nyo.com/" target="_blank">尿の健康WEB</a>

広告掲載