尿の健康WEB
お問い合わせリンク尿の健康WEB

尿道炎

尿道炎は、排尿を行う尿道に炎症が起こる病気のことです。尿道炎は細菌感染を原因として起こる病気で、男性に多く見られますが女性にはほとんど見られないという特徴を持っています。ここでは尿道炎の原因と男女の発症率の違い、症状や治療法などについて解説していきます。

尿道炎とは

尿道炎は、体外に触れることがある尿道を通じて細菌やウィルスが侵入・感染して炎症を起こす病気です。尿道炎などの泌尿器に細菌などが感染して起こる病気を「尿路感染症」といいます。

原因

尿道炎は、排尿時などに尿道から細菌などが侵入して感染症を起こし、尿道が炎症を起こすことで発病します。尿道に入り込む細菌の中には、腸内細菌である大腸菌も含まれます。尿道炎の原因となる細菌は、尿路感染症を引き起こす細菌と同じものであることがほとんどのため、放置しておくと遡上して膀胱炎や腎盂腎炎などを発病させる場合があります。

男女間の発症率の違い

尿道炎の患者の割合は、圧倒的に男性が女性を上回っています。これは、男女の身体の違いに理由があるといわれます。男性の方が女性よりも尿道が長いため尿道炎を起こしやすく、女性は尿道が短いため侵入した細菌などが膀胱に達しやすく膀胱炎を起こしやすいためと言われています。

症状

尿道炎の主な症状としては、「排尿時に痛みを伴う」ということがあります。尿道の内部が炎症を起こしているため、尿がしみやすくなっているのです。炎症を起こした尿道からは透明または緑黄色の膿が出ることもあります。尿道炎は発達すると頻尿や尿道狭窄を起こし、炎症に膿みが溜まって膿瘍になり尿道に深いダメージを与えることがあります。

感染

尿道炎は、場合によっては異性に原因となる細菌を感染させてしまうことがあります。これは尿道炎の原因となっている細菌の中には、粘膜接触による感染能力を持っているものが含まれているためです。尿道炎を起こしている場合は、出来るだけ早く根治治療を行わなければ自分が感染源になることも充分にあるのです。

尿道炎の治療法

尿道炎の治療に当たって、原因となる細菌を特定するための検査を受ける必要があります。原因を特定しないままで治療を行うことは、症状の悪化にも繋がるからです。

検査

尿道炎の検査には、通常の尿検査に加えて膿の検査を行います。膿の検査には尿道から細い綿棒を入れて、尿道内部の膿を擦り取って検体を採取する方法がとられます。検査の前には、排尿を行わないように我慢する必要があります。排尿すると膿が尿で押し流されて、検体の採取が出来なくなることがあるのです。

治療

尿道炎の治療には、原因となっている細菌やウィルスに効く抗生物質を数日間に渡って投与する薬剤療法が取られます。抗生物質は、腎臓を通って尿に混じって排出されるという性質があるため、非常に有効な治療法といえます。しかし、抗生物質の投薬を医師の処方を無視して行うと、菌を除去できず症状を悪化させてしまうことがあります。

尿
<a href="http://e-nyo.com/" target="_blank"><img src="http://e-nyo.com/img/banner.gif" alt="尿" width="88" height="31" border="0"></a>

尿の健康WEB

<a href="http://e-nyo.com/" target="_blank">尿の健康WEB</a>

広告掲載