尿の健康WEB
お問い合わせリンク尿の健康WEB

糖尿

人間の身体は、効率の良い糖分と長期保存が利く脂肪分をエネルギー源として使用するように作られています。しかし、何らかの原因で血液中の糖分が尿に漏れ出る場合があります。尿中に糖分が混じる糖尿はどうして発生するのでしょうか。なぜ糖尿は起こるのか、どのような生活が糖尿を起こすのかについて紹介します。

糖尿を知ろう

糖尿(または尿糖)は、脳や筋肉を動かす主要なエネルギー源となるブドウ糖が尿に混じって排泄される糖尿病によって引き起こされる症状です。

原因

ブドウ糖は、糖分やデンプンが消化される過程で分解・生成され小腸で吸収され血液中に送られ、膵臓が分泌するインスリンによって一部をグリコーゲンに変換されて蓄積・消費され、血中のブドウ糖濃度をコントロールしています。しかし、インスリンが充分機能していないと、血中のブドウ糖は筋肉で消費されないまま尿と共に排出されるのです。

糖尿病の種類

糖尿を引き起こす糖尿病は、先天的な疾患としての1型糖尿病と後天的に発病する2型糖尿病に分類されます。最近ではメタボリックシンドロームと関連性がある境界型糖尿病も新しい分類として認知されています。

1型糖尿病

1型糖尿病は、先天的に膵臓のインスリンを分泌する機能に異常を持っていることで発生する糖尿病です。20歳未満の小児に発生することが多かったため、昔は「小児糖尿病」と呼ばれていました。1型糖尿病の原因としては、自分の膵臓を異物と見なして免疫が攻撃を行う免疫異常などがあります。

2型糖尿病

一般的に生活習慣病として扱われているのが2型糖尿病です。2型糖尿病はインスリンの分泌量の低下、またはインスリンの効果が低下することで発生します。2型糖尿病は、遺伝と生活習慣を要因として発生することが知られています。

境界型糖尿病

境界型糖尿病は、いわば「2型糖尿病の一歩手前」となる症状です。生活習慣病の一種で、2型糖尿病だけでなく脳梗塞や心筋梗塞などの発症リスクを高める恐れがあるといわれています。

1型糖尿病

1型糖尿病は、先天的に膵臓のインスリンを分泌する機能に異常を持っていることで発生する糖尿病です。20歳未満の小児に発生することが多かったため、昔は「小児糖尿病」と呼ばれていました。1型糖尿病の原因としては、自分の膵臓を異物と見なして免疫が攻撃を行う免疫異常などがあります。

症状

糖尿病は「病気のデパート」と言われるくらい、様々な合併症を引き起こします。基本的な症状としては、エネルギー代謝不全を原因とする倦怠感や食欲の増加や喉の渇きなどが見られます。病状が悪化すると、治癒力の低下や神経障害、各種網膜症による視力低下や腎機能の低下などを引き起こします。

糖尿の対処法

一度糖尿病を患うと完治することは無く、症状を悪化させないように付き合っていかなければならないというのが定説です。現在、完治することが出来るのは境界型糖尿病だけですが、1型・2型ともに治療を続けることで症状の悪化を抑えることは可能です。

インスリン注射

糖尿病の原因となっているのは、インスリン不足による血糖値のコントロール不全です。そのため、糖尿病患者はインスリンを自己注射して血糖値を正常に保つ必要があります。インスリンの投与後は血糖値が正常に戻っていきますが、場合によってはインスリンが利きすぎて低血糖昏睡を起こすことがあるので、飴やジュースなどの糖分を含むもので血糖値を上げる必要があります。

食事療法

糖尿病における食事療法は症状に応じて、「糖質の制限」を目的として行われるものと栄養バランスの整った献立を提供するものに二分されます。

運動療法

運動療法は、糖尿病の症状の改善に効果を発揮する治療法の一つです。運動によってインスリンの効果低下が改善されることが期待できるからです。しかし、糖尿病の合併症を引き起こしていた場合は、運動療法は逆効果になるので行いません。

尿
<a href="http://e-nyo.com/" target="_blank"><img src="http://e-nyo.com/img/banner.gif" alt="尿" width="88" height="31" border="0"></a>

尿の健康WEB

<a href="http://e-nyo.com/" target="_blank">尿の健康WEB</a>

広告掲載