尿の健康WEB
お問い合わせリンク尿の健康WEB

頻尿

人が一日にトイレに行く回数は、個人差があるものの平均して5〜6回というデータがあります。しかし、人によってはそれ以上にトイレに行くという人が居ます。このようにトイレに頻繁に行きたくなる頻尿は、病気によっても引き起こされることがあります。頻尿の原因となる病気などを紹介していきます。

頻尿について

頻尿は、排尿のために頻繁にトイレに行きたくなる症状を指します。成人における一日にトイレに回数が8回以上の場合、頻尿の疑いがあります。頻尿を起こしている人は10分程度の短い周期で尿意を起こすことがあります。

人はどれだけ排尿するのか

膀胱には尿を溜めておく機能があり、一度に200ccから300cc程度までの尿を溜めることが出来ます。成人の一日当たりの排尿総量は約1000ccから1500cc程度で、この排尿総量に見合うだけの回数だけ尿意が起こります。

症状

頻尿の最大の特徴は「頻繁に尿意を感じる」ということに集約できます。トイレに行っても、出る尿の量が少ないにもかかわらず排尿が起こり、排尿後もまだ出し切れていないような残尿感が伴うのも特徴です。場合によっては、寝ている最中にも尿意が起こるため頻尿を起こしている人は寝不足の傾向が見られることがあります。

原因

頻尿の原因となるのは、泌尿器の病気や尿意を感じる脳や神経の病気などのほかに加齢による筋力の低下や水分の取りすぎなどがあります。

泌尿器の病気

膀胱には尿を溜めておく機能があり、一度に200ccから300cc程度までの尿を溜めることが出来ます。成人の一日当たりの排尿総量は約1000ccから1500cc程度で、この排尿総量に見合うだけの回数だけ尿意が起こります。

脳や神経の病気

パーキンソン病や脳梗塞・脳腫瘍・脳出血などの脳や神経に関わる病気は、膀胱の状態とは関係ない尿意を感じさせてしまうことがあります。基本的に排尿は意識的に行われる「随意行為」と無意識に行われる「不随意行為」が連携しているものですが、脳や神経の病気では随意行為が行われる前に排尿を起こし、尿失禁を起こす場合があります。

加齢による筋力の低下

加齢による老化は、筋力の低下という形で如実に現れてきます。特に下半身での筋力の低下は顕著に起こり、足腰が弱くなるだけでなく排尿を制御している外括約筋に影響を及ぼします。外括約筋の筋力が低下すると、排尿を我慢していても排尿を抑えられなくなり頻尿や失禁を起こしやすくなるのです。

頻尿対策

頻尿は、我慢できる限界に達しないうちに尿意を起こす症状なので排尿を我慢することは可能です。しかし、意識的に我慢できる時間と膀胱自体が我慢できる時間は食い違いがあることも少なくありません。

薬剤療法

頻尿の症状は、薬の投与で緩和することが可能です。頻尿の改善に使用されるのは排尿の阻害効果のある抗利尿ホルモン、抗コリン剤、三環形抗うつ薬の三種類です。これらの薬は夜尿症の改善にも効果があります。

膀胱トレーニング

膀胱は伸び縮みする性質を持った臓器で、尿の蓄積に応じてその大きさを変えます。頻尿の症状が出ている場合、膀胱の伸縮がほとんど行われない状態といえるので少しずつ排尿を我慢する時間を延ばすトレーニングをすることで膀胱の伸縮性を取り戻す効果が期待できます。

尿
<a href="http://e-nyo.com/" target="_blank"><img src="http://e-nyo.com/img/banner.gif" alt="尿" width="88" height="31" border="0"></a>

尿の健康WEB

<a href="http://e-nyo.com/" target="_blank">尿の健康WEB</a>

広告掲載